ワーキングホリデーとは?

ワーキングホリデーは、ワーホリの略称でも親しまれていますが、簡単に言うと、青年が外国で働きながら休暇を楽しむことを認める制度です。

普通は、外国で働くためには観光ビザではなく労働ビザが必要なのですが、ワーキングホリデーでは、他国への理解を深めるという目的で、これを特別に認めてくれるのです。

ですが、どの国でも認められるというわけではありません。

日本政府と、ワーキングホリデーに関する取り決めや協定を結んでいる国に限って、これが認められています。

そして原則として、ワーキングホリデーの利用が出来るのはそれぞれの国に一生に一回と決まっているのだそうです。

ちなみに、年齢にも制限があり、18歳~25歳または30歳とされています。

若いうちにしか体験できないワーキングホリデー、しかもそれぞれの国にワーキングホリデーで行けるのは一回きりですから、限られたチャンスを是非掴んでみませんか?